工房のダイヤはここが凄い | 婚約指輪のダイヤモンドブランド「創作ダイヤモンドこころ」

ヘッダロゴバナー2.pngDclusivヘッダ.jpgアクセスヘッダ.jpgヘッダツイッターバナー2.pngヘッダフェイスブックバナー2.pngヘッダユーチューブバナー2.png
職人募集中バナー.jpg職人募集中バナー.jpg

◆ショップ・工房の臨時休業につきまして

business_ojigi_man.png7月7日(土) ショップ・工房ともに休業いたします
7月10日(火) ショップのみ休業いたします
ショップ定休日(日・月)を挟みますため、ご了承ください。
近頃、工房ショップ店長・デザイナーともに急な出張が入り、ご迷惑をお掛けしております
臨時休業の際はツイッター(@sd_cocoro_jp)にて随時お知らせしておりますので、ご確認ください。
ご来店をご検討のお客様は、事前に日時をご相談いただけますと幸いです。
LinkIcon各種ご相談・お問い合わせはこちら


◆心 デザイン・リニューアル

一覧ページ個別-新心.jpg人気のデザイン ヒロ・コガネイコレクション 心 デザインがリニューアルし、輝きも個性も生まれ変わりました!
詳細はLinkIconをご覧ください。


◆超絶技巧 ダイヤモンドの魅力!NHK生放送出演&メディア紹介アップ

nhk20.jpg12月14日(木)NHK総合「4時も!シブ5時」にて【超絶技巧 ダイヤモンドの魅力!】と紹介され、デザイナー黄金井が出演いたしました。
緊張のなか、司会のジョン・カビラ氏との対談!ダイヤモンドデザインへの熱い想いやこれからの夢などを語らせていただきました。
全国放送ということで数多くのご反響をいただいております。ご覧いただきありがとうございました。
LinkIconメディア紹介ページで放送日のスタジオやメイク時の写真を公開中!ご覧下さい!


◆研磨職人、募集中!

当工房では、宝飾用ダイヤモンドの研磨に携わる「研磨職人」を募集しております。詳細はLinkIcon特設ページをご覧ください。
職人募集中バナー.jpg

工房紹介-ここが凄いビルボード大.jpg

ハートメリハリ用青.jpg こだわりが輝きを生み出す

ラウンドブリリアントカットでこだわりを説明!

ダイヤモンドはカットによって輝きを生み出します。
海外の工場などで大量に生産されるダイヤとは違う、工房のダイヤの輝きにはこだわりがあります。細部まで妥協のないこだわりとは一体何なのだろうか・・・ その秘密を紹介いたします。
下の画像はラウンドブリリアントカットの図面です。ラウンドブリリアントカットを横から見た図(側面図)・上から見た図(クラウン)・下から見た図(パビリオン)の3つの図面を使いながら工房のこだわりをご説明いたします。

ラウンド説明用.jpg


ハートメリハリ用青.jpg パビリオンへのこだわり

パビリオンはダイヤモンドの輝きを生み出す土台となる、大切な面です。
バランスよく均等に輝きを放つには、並々ならぬ工房のこだわりが隠れています。

ハート青番号1.jpg キューレットチェック

工房のダイヤはここが凄い-説明03.jpgキューレットとは、パビリオンの中心である一番尖った部分です。
ここでのチェックは「しっかりと中心にあること」「周囲の8面で形成される点で揃っていること」の2点です。
右画像の「良い例」をご覧ください。しっかりとパビリオンの中心にキューレットがあり、点で揃っているのが分かると思います。
右画像の下が「悪い例」です。上はキューレットが中心からズレています。こうなると各面の長さにバラつきがあり、輝きに偏りが生じる原因となります。
悪い例の下はキューレットが点で揃っていません。これも輝きに偏りが生じる他、面の幅に大小が出来てしまい光を前面に反射しなくなるケースもあります。そうなるとダイヤモンドなのに暗い印象になってしまうのです。
どちらに問題があっても輝きを大きく損なう大事なチェックポイントです。しかし、正しい方向で、同じ角度でカットしていればズレることはありません。
基本中の基本なのですが、一般のダイヤモンドでVeryGoodやGoodと評価されるものにはこの基本が出来ていないものも多く、工房のダイヤモンドとの大きな差と呼べるものになっています。

下の画像は工房のダイヤモンドのパビリオンを撮影したものです。ダイヤモンドの中心にしっかりとキューレットがあり、点で揃えられているのが分かります。

工房のダイヤはここが凄い-説明04.jpg



ハート青番号2.jpg パビリオン面の均一性チェック

工房のダイヤはここが凄い-説明05.jpgパビリオンはキューレット以外に、8面あるメインファセット(以下メイン)と16面のロワーガードルファセット(以下ロワー)の合計25面で構成されています。各面の長さや太さをチェックしていきます。たとえキューレットチェックがOKであったとしても、その周囲のメインとロワーが揃っていないと輝かない、暗い面が出来てしまいます。

画像の「良い例」をご覧ください。オレンジの面がメイン、黄色の面がロワーです。ここでは1箇所を例としていますが、メインは8面ロワーは16面あるので、各箇所同じようにチェックします。良いカットは、メインがロワーとロワーの中心を通り、左右にあるロワーが均一の大きさになっていることが必要です。

「悪い例」のダイヤは、メインが中心を通っておらず、左右のロワーも幅が広かったり狭かったりで均一ではありません。こうなると面の対象性が損なわれてしまうため、光がダイヤ内部で反射する際に見ている人の目に戻らなくなり、暗がりを作ってしまう大きな要因となります。
こうなってしまう原因は多々ありますが、メインを8面カットする際にしっかりとダイヤの外周を8等分(45°ずつの方位)できていないことや、ロワーの方位がズレていることが最大の要因となります。

工房ではこのミスが起こらないよう企業秘密のやり方で、決められた方位と決められた角度でカットすることができます。どの面を取っても正確なカットをすることが、最大の輝きを放つ第一歩なのです。

工房のダイヤはここが凄い-説明06.jpg




ハート青番号3.jpg ロワーファセットの笹目点チェック

工房のダイヤはここが凄い-説明07.jpg笹目点とは、ダイヤの直径を100%とした際のロワーファセット(以下ロワー)の長さを%で示した数値のことです。
パビリオン全25面のうち16面を有するロワーの出来は、輝きを左右するパビリオンの中で最も重要とされるポイントの1つとなります。

右の「良い例」をご覧ください。笹目点が均一に揃っていると、キューレットを中心とした小さな赤い正八角形とぴったり重なります。側面図でも同じ高さに揃っていることが分かると思います。

「悪い例」では笹目点の高さがバラバラになっています。バラバラになってしまうのは、ダイヤをカットする際にあらゆる方向から正確に観察する目が必要です。一見揃っているように見えても相手は立体なので、一方向からだけでは判断できないのです。ダイヤを光で反射させ、その面の笹目点をしっかりと把握するプロの目が必要になってくるのです。

悪い例のようなダイヤになってしまう原因には上記の「目で見ての判断不足」もありますし、ロワーの笹目点をカットする前の段階で既にミスがある場合などがあります。工房のダイヤはそうなる前に、事前にも数種類のチェックをしていますし、笹目点でもミスが出ないように特殊な顕微鏡を使い実測値を計るなどしています。

ロワーはメインの後にカットされます。そのためロワーの出来によってはメインの形が崩れてしまいます。そこをチェックします。

工房のダイヤはここが凄い-説明08.jpg







ハートメリハリ用青.jpg クラウンへのこだわり

クラウンはダイヤモンドの顔とも言える、そのデザインの印象を決める大事な面です。
その顔を引き締めるクラウンには、譲れない工房のこだわりがあります。

ハート青番号1.jpg テーブルチェック

工房のダイヤはここが凄い-説明10.jpgテーブルとは、ダイヤモンドにある一番大きな面のことです。周囲に多くの面が接しているため、テーブルの形を見ることでクラウンの他の面を含めた出来をチェックすることができます。
テーブルは上から見た場合、正八角形でなくてはなりません。これが歪んでいると、隣り合うスターファセットの形や角度がおかしいことに繋がります。テーブルの各辺がしっかり平行になっているかどうかも確認します。

「良い例」をご覧ください。各色が対向にある平行線を示してします。赤の線ならもう一方の赤の線が「対向する辺」となります。このように、対向する辺が平行で、且つ全ての辺の長さが同じでないといけません。テーブルはクラウンの出来上がり具合を一目で判断できるクラウンの基本であり最重要な面です。

テーブルにはスターファセット8面が隣接しています。(画像上の赤色部分)隣接しているため、テーブルの形がスターに直接影響します。その影響が「悪い例」に代表される、よくあるダイヤのカットで生じる輝きのバラつきにつながることになります。

悪い例上は、各辺の平行はOKですがスターの三角形で分かるとおり、辺の長さがバラバラになっています。テーブル(スター)が揃っていないと、肉眼でもわかるような歪んだ面になってしまい、内部で反射した光の出口が大小あることになってしまうため輝きも悪くなります。

悪い例下は、良い例のように「平行」も「長さ」も揃ってはいますが、よくみるとテーブルが回転しかのようにズレています。このようなねじれは多々あり、「カットする職人のクセ」や「カットする場所の水平が取れていない」などの理由が反映された結果起こる失敗です。

工房ではこのような人為的なミスがないよう、クセを反映できないようなカットの方法をとり、水平も特殊な方法で1ミクロンの傾きもないような場所でカットしています。

工房のダイヤはここが凄い-説明11.jpg




ハート青番号2.jpg スターファセットのよれチェック

工房のダイヤはここが凄い-説明12.jpgスターファセット(以下スター)とは、テーブルに隣接する三角形の面のことです。全部で8面あります。スターの三角形の底辺はテーブルの八角形と同じなので、テーブルの形に大きく左右されます。

スターのチェックはテーブルが完璧にカット出来ていることが前提になります。テーブルに問題がある場合は上のポイントでOKが出ないからです。
スターは入射した光をパビリオンで内部反射させ、スターに戻ってきた光を拡散させ輝かせる役割を持った重要な面です。スターの形が正確に揃っていないと、輝きがまばらになりキラキラとした輝きが損なわれてしまいます。

スターのチェックは2ポイントです。1つ目は「二等辺三角形であること」です。
「良い例」にあるスターは全て二等辺三角形になっています。
「悪い例」の上段は、三角形がヨレており二等辺になっていません。
2つ目は「全てのスターが同じ大きさ」であることです。
「良い例」のスターは三角形の高さが全て同じなため大きさも揃っていますが、「悪い例」下段のスターはカットが甘かったりカットしすぎたりで大きさのバラバラなスターになっています。

このように、スターはテーブルに左右される面ではありますが、テーブルがOKだからといってもスターが全く揃っていないようなダイヤモンドも数多く存在します。全体のヨレもスターが大小してしまうのも、職人のカットの癖や細かい面をルーペで見ることの不正確さが影響している場合もありますし、海外での大量生産の弊害でもあります。

どちらもこう見ると不恰好なカットではありますが、これでも「Excellent評価」のダイヤモンドが存在します。現在のカット評価は悪いところを減点していくというよりも、良いところと相殺してプラスマイナス0にしてしまうような評価をされているからです。
見た目の印象がダイヤを選ぶ一番の基準とは言え、同じカット評価なのにわざわざ良くないカットのダイヤモンドを手に入れるのはもったいないと思います。

工房のダイヤは、職人の癖などが影響しないよう、スターが完成する前のチェックと完成までの確認を顕微鏡を使いながらカットします。ルーペだけでは確認しづらい細かい部分まで見ることで、完成をイメージしやすいのです。

工房のダイヤはここが凄い-説明13.jpg


ハートメリハリ用青.jpg こだわりが生む、工房の誇り

上記のパビリオン、クラウンへのこだわりが世界最高の輝きを生むダイヤモンドを作り出します。
通常のダイヤモンド研磨では恐らく考えもしないようなごくごく小さな違いではありますが、その差が決定的な違いを生むのです!
世界でも数少ないダイヤモンドデザイナーと、メイドインジャパン、研磨職人の匠たちが合わさることで実現できる、工房の誇りです!




他にも見せます!ダイヤモンド工房の紹介


下部バナー「ダイヤモンドが輝くまで」.jpg下部バナー「ダイヤモンドが輝くまで」.jpg下部バナー「職人愛用の道具たち」.jpg下部バナー「職人愛用の道具たち」.jpg


工房で働く、ダイヤモンドのプロたちです


下部バナー「工房の精鋭たち」.jpg下部バナー「工房の精鋭たち」.jpg


▲ ページトップへ


デザイナーあいさつ.jpgデザイナーあいさつ.jpg


工房のお店


レフター-工房のお店.jpg営業時間
11:00~17:00
定休日
日曜日・月曜日
※定休日でも事前のご連絡で
いつでもご来店いただけます!
※臨時休店日はページ最上段の
お知らせをチェックしてください。

メニュー-アクセス.jpgメニュー-アクセス.jpg
メニュー-お問い合わせ.jpgメニュー-お問い合わせ.jpg

ヒロ・コガネイコレクション

ダイヤモンドデザイナー黄金井の考える、今までにない個性・輝きを持ったダイヤモンドたち

コレクションバナー3.jpgコレクションバナー3.jpg
サイドボタン-新心.jpgサイドボタン-新心.jpg
メニュー-桃.jpgメニュー-桃.jpg
メニュー-四つ葉.jpgメニュー-四つ葉.jpg
メニュー-桜.jpgメニュー-桜.jpg
メニュー-クロス.jpgメニュー-クロス.jpg
向日葵サイドボタン2.jpg向日葵サイドボタン2.jpg
メニュー-太陽.jpgメニュー-太陽.jpg
メニュー-昴.jpgメニュー-昴.jpg
メニュー-虹.jpgメニュー-虹.jpg
メニュー-日輪.jpgメニュー-日輪.jpg
メニュー-ラウンド.jpgメニュー-ラウンド.jpg


ジュエリーのデザイン

コレクションとセットでオーダーいただく、リングとペンダントのデザインをご覧下さい。

メニュー-リング.jpgメニュー-リング.jpg
メニュー-ペンダント.jpgメニュー-ペンダント.jpg


工房ならではの体験

研磨体験で、世界でひとつだけの、想いを込めたダイヤモンドを作りましょう

メニュー-研磨体験.jpgメニュー-研磨体験.jpg
メニュー-研磨体験の声.jpgメニュー-研磨体験の声.jpg
メニュー-研磨体験アルバム.jpgメニュー-研磨体験アルバム.jpg


使っていないそのダイヤ・・・

お持ちのダイヤ、もっともっと輝かせてみませんか?

メニュー-ダイヤモンドリフォーム.jpgメニュー-ダイヤモンドリフォーム.jpg


ダイヤ工房雑学!

メニュー-4C.jpgメニュー-4C.jpg
メニュー-ポイント.jpgメニュー-ポイント.jpg
メニュー-工房紹介.jpgメニュー-工房紹介.jpg
メニュー-職人紹介.jpgメニュー-職人紹介.jpg


ピックアップ①

2013用クリスマスセール用画像.png2013用クリスマスセール用画像.png

ピックアップ②

メニュー-取材.jpgメニュー-取材.jpg


LinkIconサイトマップ



UA-52394466-1