ダイヤモンドが輝くまで | 婚約指輪のダイヤモンドブランド「創作ダイヤモンドこころ」

ヘッダロゴバナー2.pngDclusivヘッダ.jpgアクセスヘッダ.jpgヘッダツイッターバナー2.pngヘッダフェイスブックバナー2.pngヘッダユーチューブバナー2.png

◆ショップ臨時休店&今後の営業につきまして

ojigi_tenin_woman.png4月25日(木) デザイナー・店長の出張のためショップをお休みさせていただきます。(工房は稼動いたします)
急なお知らせとなり申し訳ございません。
今後もデザイナー・店長の急な出張等により断続的にショップをお休みさせていただくことがございますため、
本お知らせ欄やLinkIconTwitterLinkIconFacebookでのお知らせをご確認くださいませ。

ダイヤモンドのご質問やご来店をご検討のお客様は LinkIconお問い合わせ よりご相談ください。


◇ゴールデンウィーク中の営業につきまして

4月27日(土) は通常営業し、28日以降は下記表中の日程にて営業いたします。
表の「通常営業」日はショップ・工房ともに稼動し、「休業」日はショップ・工房ともにお休みとさせていただきます。
5月 7日(火) 以降は通常の日程での営業となります。

4/28 29
30 5/1 2 3 4
休業 休業 通常営業 通常営業
通常営業  休業
休業
5 6 7以降



休業 休業 通常営業




◆取扱店 Dclusiv(ディクルーシブ)について

Dclusiv-ロゴ.jpgDclusiv-ロゴ.jpg日々新しいものへの挑戦と古くから伝わる伝統的技術の融合 物作りに対する熱い情熱と妥協を許さない冷静な判断 そこから生まれてくる新しい商品。
世界が育ててきた宝飾品の歴史を受け継ぎ、その中で新しい表現、斬新な手法などを使った製品作りやこだわりを持った商品のご提案を行っています。

Dclusiv公式サイト、ご一読ください。 LinkIconDclusiv http://dclusiv.com/


◆デザイナーや工房のメディア紹介など

nhk20.jpgNHK総合「4時も!シブ5時」にて【超絶技巧 ダイヤモンドの魅力!】にデザイナー黄金井が出演するなど、多数のメディアに当工房を取り上げていただいております。

数多くのご反響をいただきましたメディアをまとめましたので、ご覧ください。LinkIconメディア紹介


工房紹介-輝くまでビルボード大.jpg

ハートメリハリ用青.jpg ダイヤをどのようにして輝かせるのか

ダイヤモンドはお客様が目にするまでに、様々な工程を経て輝きを放ちます。ここでは、スタンダードなカットである「ラウンドブリリアントカット」の完成までの工程を紹介いたします。
鉱山から発掘されたその辺にある石のようなダイヤの原石が、どのようにして光り輝くダイヤモンドに生まれ変わるのか、そこにはデザイナーと職人が進行錯誤して考え出した工房のワザが隠されています。

※説明の画像はクリックで拡大します

ハート青番号1.jpg こんな形の「ダイヤモンドの原石」からスタート

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像00-1.jpg
発掘されるダイヤモンド原石の形は様々ありますが、最も宝飾用に向いている原石がこの八面体の原石です。
この理想系の原石を例に工程を説明していきます。



ハート青番号2.jpg マーキング

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像01-1.jpg
原石からラウンドブリリアントカットを完成させるには、完成形にほど近い形まで大きく切断します。しかし、原石を無駄なくカットするための計算と共に、内包物の大きさや位置、色合いも考慮しなくてはなりません。一番良い方法で②ソーイングを行うために基準となるラインを引くのが「マーキング」と呼ばれる工程です。

例として、赤い線を目安に②ソーイングを行います。
ダイヤモンドの形状上、このような形で切り分け、大小の形にすることが、原石を無駄なく使うポイントです。



ハート青番号3.jpg ソーイング

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像02-1.jpg
①でマーキングされた位置を、ダイヤモンドの粉(パウダー)を塗り込んだ銅の刃を使い切断します。天然物で一番硬いダイヤは、ダイヤを使ってカットするのです。
1つの原石の切断に約5時間程度かかります。(元原石の大きさによって変化します)
ここで大小2つに斬り分けられ、どちらもカットされていきます。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像02-2.jpgダイヤモンドが輝くまで-説明画像02-3.jpg



ハート青番号4.jpg ガードリング(手による作業)

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像03-1.jpg
ソーイングされたダイヤモンドの角張った側面を、大まかに曲面にします。曲面にするにはソーイングされた原石を回転させ、横から他のダイヤモンドを触れさせて徐々に形を整えます。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像03-2.jpgダイヤモンドが輝くまで-説明画像03-3.jpg



ハート青番号5.jpg クロスワーク

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像04-1.jpg
ガードリングで形成されたダイヤモンドを上下8面・合計16面にカットします。これは最終仕上げまでの余分な箇所を大まかにカットするものです。
ここではパワーのあるスカイフ(ダイヤをカットする円盤状の機械)を使用します。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像04-2.jpgダイヤモンドが輝くまで-説明画像04-3.jpg



ハート青番号6.jpg リガードリング(手と機械による作業)

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像05-1.jpg
クロスワークされたダイヤモンドに、最終的な外周となる面をカットします。カットする外周の計算や微調整を手作業で行い、カットは大きな機械で行います。カットにはダイヤモンドが練りこまれた特殊なホイール(刃)を使用します。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像05-2.jpgダイヤモンドが輝くまで-説明画像05-3.jpg



ハート青番号7.jpg パビリオン研磨の「秘密の工程」

企業秘密2.jpgダイヤモンドを輝かせるためのパビリオンの秘密がコレ!この工程があるからこそ、工房のダイヤモンドがより輝きを増すものになるのです。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像06-2.jpg



ハート青番号8.jpg パビリオンのカット

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像07-1.jpg
パビリオンは輝きを生み出す土台となる大切なカット工程です。工房のパビリオンは、担当の小野寺正が熟練のワザでカットしています。
詳しいカット工程の内容は下の画像をクリックしてください。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像07-2.jpg



ハート青番号9.jpg パビリオンのチェック

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像08-1.jpg
⑦でのパビリオンのカットを細かくチェックします。輝きを生む土台となるもので、見落としはもちろん、小さなミスも許されません。
詳しいチェック内容は下の画像をクリックしてください。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像08-2.jpg



ハート青番号10.jpg  クラウン研磨の「秘密の工程」

企業秘密1.jpg
最高のパビリオンに負けないクラウンを作り出す秘密がコレ!この工程が、工房のダイヤモンドがどこにも負けない輝き生み出す大事なものなのです。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像09-2.jpg



ハート青番号11.jpg クラウンのカット

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像10-1.jpg
クラウンはダイヤモンドの顔となり、輝きを引き締める大事なカット工程です。工房のクラウンは、担当の山田克己が丹精込めてカットしています。
詳しいカット工程の内容は下の画像をクリックしてください。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像10-2.jpg



ハート青番号12.jpg クラウンのチェック

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像11-1.jpg
⑩でのクラウンのカットを細かくチェックします。先に完成しているパビリオンとのバランスも含め、面の仕上がりなどクラウンの全てをチェックします。
詳しいチェック内容は下の画像をクリックしてください。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像11-2.jpg



ハート青番号13.jpg 最終チェック~洗浄

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像12-1.jpg
クラウン・パビリオン・ガードルなど全ての部分を総合的にチェックします。
ダイヤモンドの鑑定基準である「4C」にあるカット項目(シンメトリー・ポリッシュ・総合評価)の総合的なバランスのチェックです。シンメトリーは各々の面の対象性を、ポリッシュはカットした表面の仕上がり具合を、総合評価は上記の項目を含めた全てのバランスを評価したものです。
チェックがOKであれば、ダイヤモンドを洗浄します。カットしたことによってダイヤ表面にはダイヤモンドパウダーなどが付着してしまいます。それをキレイにするため、加熱した硫酸でダイヤモンドをぐつぐつと煮ることで付着した汚れを落とします。
ダイヤモンドが輝くまで-説明画像12-2.jpg



ハート青番号14.jpg 完成

以上が、原石のダイヤモンドがラウンドブリリアントカットとして完成するまでの工程となります。
1つ1つの工程には、ここでは説明しきれないような独自の工夫や、長年の経験からできるワザが様々込められています。一概にダイヤモンドと言っても、輝くまでには色々な工程で想いがしっかり込められていることを知ってもらえれば幸いです。

ダイヤモンドが輝くまで-説明画像13-1.jpg




他にも見せます!ダイヤモンド工房の紹介


下部バナー「工房のダイヤはここが凄い」.jpg下部バナー「工房のダイヤはここが凄い」.jpg下部バナー「職人愛用の道具たち」.jpg下部バナー「職人愛用の道具たち」.jpg


工房で働く、ダイヤモンドのプロたちです


下部バナー「工房の精鋭たち」.jpg下部バナー「工房の精鋭たち」.jpg


▲ ページトップへ


デザイナーあいさつ.jpgデザイナーあいさつ.jpg


工房のお店


レフター-工房のお店.jpg営業時間
11:00~17:00
定休日
日曜日・月曜日
※現在、店長の急な出張等で臨時休店の場合がございます。ページ最上段の「お知らせ欄」をチェックしてください。
※定休日でも事前のご連絡でいつでもご来店いただけます。ぜひ早めにご相談ください。

メニュー-アクセス.jpgメニュー-アクセス.jpg
メニュー-お問い合わせ.jpgメニュー-お問い合わせ.jpg

ヒロ・コガネイコレクション

ダイヤモンドデザイナー黄金井の考える、今までにない個性・輝きを持ったダイヤモンドたち

コレクションバナー3.jpgコレクションバナー3.jpg
サイドボタン-新心.jpgサイドボタン-新心.jpg
メニュー-桃.jpgメニュー-桃.jpg
メニュー-四つ葉.jpgメニュー-四つ葉.jpg
メニュー-桜.jpgメニュー-桜.jpg
メニュー-クロス.jpgメニュー-クロス.jpg
向日葵サイドボタン2.jpg向日葵サイドボタン2.jpg
メニュー-太陽.jpgメニュー-太陽.jpg
メニュー-昴.jpgメニュー-昴.jpg
メニュー-虹.jpgメニュー-虹.jpg
メニュー-日輪.jpgメニュー-日輪.jpg
メニュー-ラウンド.jpgメニュー-ラウンド.jpg


ジュエリーのデザイン

コレクションとセットでオーダーいただく、リングとペンダントのデザインをご覧下さい。

メニュー-リング.jpgメニュー-リング.jpg
メニュー-ペンダント.jpgメニュー-ペンダント.jpg


工房ならではの体験

研磨体験で、世界でひとつだけの、想いを込めたダイヤモンドを作りましょう

メニュー-研磨体験.jpgメニュー-研磨体験.jpg
メニュー-研磨体験の声.jpgメニュー-研磨体験の声.jpg
メニュー-研磨体験アルバム.jpgメニュー-研磨体験アルバム.jpg


使っていないそのダイヤ・・・

お持ちのダイヤ、もっともっと輝かせてみませんか?

メニュー-ダイヤモンドリフォーム.jpgメニュー-ダイヤモンドリフォーム.jpg


ダイヤ工房雑学!

メニュー-4C.jpgメニュー-4C.jpg
メニュー-ポイント.jpgメニュー-ポイント.jpg
メニュー-工房紹介.jpgメニュー-工房紹介.jpg
メニュー-職人紹介.jpgメニュー-職人紹介.jpg


ピックアップ①

2013用クリスマスセール用画像.png2013用クリスマスセール用画像.png

ピックアップ②

メニュー-取材.jpgメニュー-取材.jpg


LinkIconサイトマップ



UA-52394466-1