ポイント2・カラー・クラリティの差を見る | 婚約指輪のダイヤモンドブランド「創作ダイヤモンドこころ」

ヘッダロゴバナー2.pngDclusivヘッダ.jpgアクセスヘッダ.jpgヘッダツイッターバナー2.pngヘッダフェイスブックバナー2.pngヘッダユーチューブバナー2.png
職人募集中バナー.jpg職人募集中バナー.jpg

◇工房からのお知らせ 2017.10.20更新

◆臨時休店のお知らせ
10月21日(土) 10月24日(火)
上記日付にてデザイナー・店長の出張のため、ショップをお休みいたします。24日のみ工房は稼動いたします。
定休日と合わせまして25日(水)より通常営業を再開いたします。
◆研磨職人、募集中!
当工房では、宝飾用ダイヤモンドの研磨に携わる「研磨職人」を募集しております。詳細はLinkIcon特設ページをご覧ください。

購入のポイント2ビルボード大.jpg

ハートメリハリ用青.jpg 肉眼で見て差が分かりづらいカラーとクラリティ

重視するポイントと、そうでないポイントをしっかり決めよう!

おすすめポイント②画像1.jpg
ダイヤモンドのランクを示す4Cの中で「カラット」は重さ、そのため輝きに影響のあるものではありません。
「カット」はポイント①にもあるように、カット職人のウデが反映される輝きの素になるため、一番重要視してほしいものです。しかし「カラー」と「クラリティー」はどうでしょうか。どちらも肉眼での判別が難しいため、宝飾店の店員さんたちであっても見分けができない方も多いです。
ポイント②ではカラーとクラリティに焦点を当て、内容を理解した上でカラットとカットを大事にしてほしい、そんな内容をまとめました。




ハートメリハリ用青.jpg カラーの差をしっかり見極める!

カラーとは透明度によってDカラーを無色とし、Zカラーまでをランク付けしたものです。Dカラーが最も透明で、Zカラーはかなり黄色なダイヤモンドです。
「ダイヤモンドはカラーが大事なのでD~Fカラーを選びましょう」
こんな謳い文句でダイヤをおすすめされることはありませんか。確かにDに近ければ近いほどきれいな色合いではありますが、その分お値段が高価になります。


おすすめポイント②画像2.jpg


上の画像はEカラー・Gカラー・Iカラーを並べたものです。
上段がダイヤモンドを上から見た画像(ダイヤを上から見ることをフェイスアップと呼びます)で、下段がカラー鑑定用ペーパーに置いた画像です。
フェイスアップの画像は、普段ジュエリーなどでみなさまが目にするダイヤと同じ見
方です。しかし、フェイスアップで見ることはカットによる輝きの反射があるためカラーを不明確にしてしまいます。画像からも分かるとおり、E・G・Iともにあまり差がありません。プロの目でも判別が難しいのです。
どんなジュエリーでもダイヤモンドは輝きを楽しむためフェイスアップで見ることが多いです。お手持ちのリング・ペンダントなどもダイヤを眺めるときは上からの形になると思います。しかし、その状態では判別が難しい以上カラーはあまり気にしなくとも問題ないのです!

おすすめポイント②画像3.jpg


カラー鑑定用ペーパーの画像では、わずかな色味の差がわかるかもしれません。EとIを比べるとIは若干黄色みがかった感じもします。しかしEとG、もしくはGとIを比べてみてください。2ランクの差であればまず気にならないと思います。実際に見比べてみてわかる微妙な差なのです。2ランク差以上であっても、気にならない程度の差であれば、あまりこだわらなくてもいいと思います!
カラーのランクで高価なダイヤモンドよりも、他の部分(カット・カラットやジュエリー部分)にこだわることでご予算内でバランスのとれた最高のダイヤモンドジュエリーを手にすることができます。
画像では伝わりづらい色の差なので、工房でいつでも差を感じてみてください!工房にご来店されるお客様でも「言われてみれば差がわかるくらいだ」と、さほどカラーは気にしない方が多いです。ダイヤモンドが好きで特別こだわりがある方なら、まずカラーを見比べて見てください。色々なカラーをじっくり眺めて、カラーを見るよりも輝きを第一に、キレイだと感じたダイヤが一番きれいなんだ!そういう印象を大事にしてください。


ハートメリハリ用青.jpg クラリティの差をしっかり見極める!

クラリティは「透明度」、ダイヤモンドの内部にある内包物や亀裂の量をランク付けしたものです。ランクはダイヤモンドを上から見た場合の内包物などの面積で決められています。ここで大事なのは、「内包物の位置によっては、ランクが下のダイヤモンドでもきれいに見える」ということです。ダイヤモンドは天然から作られたもののため1つとして同じものは存在しません。クラリティの良し悪しは、内包物の形や色などにも左右されるものなのです。

おすすめポイント②画像4.jpg

上画像はクラリティ別の内包物の例を赤の部分とし、図面に表したものです。左がVS2クラス、右がSI1クラスのダイヤモンドになります。
鑑定の結果を見るとVS2のほうが良いとされますが、左の画像は内包物の位置がダイヤの中心部にあり様々な場所に内包物の虚像が映りこむため、輝きを邪魔してしまいます。それと比べSI1は下位のグレードとはなりますが、内包物の位置が端に寄っているため虚像が出づらく、輝きの邪魔にはなりにくいのです。


おすすめポイント②画像5.jpg

上画像はクラリティは同じですが内包物の位置と形状が異なったダイヤを図面に表したものです。左右どちらもVS2クラスのダイヤモンドになります。
鑑定ではどちらもVS2なので内包物の大きさは同じですが、内包物の位置が中心部か端にあるかの違いがあります。この場合VS2①は輝きの一番大事な「中心から入る光」をダイヤ内部で反射した場合に内包物が邪魔をします。VS2②は「端から入る光」の邪魔はしますが、輝きにはVS2①ほど影響はありません。
このように、クラリティのランクを示す「内包物などの大きさ」だけでなく、位置はもちろん上から見た内包物の形状なども輝きを左右する要因となるのです。
工房ではいつでもクラリティのランクだけに惑わされないようなダイヤモンドをご覧になれます。


ハートメリハリ用青.jpg ポイント②のまとめ

おすすめポイント②画像6.jpg工房のダイヤモンドは、内包物の位置などを考えた上で、デザイナーとカット職人の匠のワザで、ご予算に合わせた最上のダイヤモンドを作り出します。
内包物のより目立たないようなデザインなどを考えます。(鑑定では変化しませんが、見た目の印象は抜群に良くなります!)
鑑定上でカラーとクラリティのいいダイヤモンドよりも大きいダイヤ(カラット)輝くダイヤ(カット)を重要視することをおすすめします!





ハートアイコン関連リンク.jpg ポイント2は4Cの「カラー」「クラリティ」の内容を読んでから!

購入のポイント2は、4C「カラー」「クラリティ」のお話を基準にしています。カラーとクラリティの本当の意味を知るために、まずはこの2つのページを読んでみてください!
ダイヤモンドの4C「カラー」「クラリティ」はそれぞれ下の画像をクリック!

ダイヤモンドについて-4C-カラー看板.jpgダイヤモンドについて-4C-クラリティ看板.jpg




4Cの知識を活かし、ダイヤ購入の眼を育てよう!


下部バナー「購入のポイント1」.jpg下部バナー「購入のポイント1」.jpg下部バナー「購入のポイント3」.jpg下部バナー「購入のポイント3」.jpg


ダイヤの基本は4Cにあり!ダイヤのプロが教えます


下部バナー「ダイヤモンドの4C」.jpg下部バナー「ダイヤモンドの4C」.jpg


▲ ページトップへ


デザイナーあいさつ.jpgデザイナーあいさつ.jpg


工房のお店


レフター-工房のお店.jpg営業時間
11:00~17:00
定休日
日曜日・月曜日
※定休日でも事前のご連絡で
いつでもご来店いただけます!
※臨時休店日はページ最上段の
お知らせをチェックしてください。

メニュー-アクセス.jpgメニュー-アクセス.jpg
メニュー-お問い合わせ.jpgメニュー-お問い合わせ.jpg

ヒロ・コガネイコレクション

ダイヤモンドデザイナー黄金井の考える、今までにない個性・輝きを持ったダイヤモンドたち

コレクションバナー3.jpgコレクションバナー3.jpg
向日葵サイドボタン2.jpg向日葵サイドボタン2.jpg
メニュー-心.jpgメニュー-心.jpg
メニュー-昴.jpgメニュー-昴.jpg
メニュー-四つ葉.jpgメニュー-四つ葉.jpg
メニュー-太陽.jpgメニュー-太陽.jpg
メニュー-桜.jpgメニュー-桜.jpg
メニュー-虹.jpgメニュー-虹.jpg
メニュー-クロス.jpgメニュー-クロス.jpg
メニュー-日輪.jpgメニュー-日輪.jpg
メニュー-桃.jpgメニュー-桃.jpg
メニュー-ラウンド.jpgメニュー-ラウンド.jpg


ジュエリーのデザイン

コレクションとセットでオーダーいただく、リングとペンダントのデザインをご覧下さい。

メニュー-リング.jpgメニュー-リング.jpg
メニュー-ペンダント.jpgメニュー-ペンダント.jpg


工房ならではの体験

研磨体験で、世界でひとつだけの、想いを込めたダイヤモンドを作りましょう

メニュー-研磨体験.jpgメニュー-研磨体験.jpg
メニュー-研磨体験の声.jpgメニュー-研磨体験の声.jpg
メニュー-研磨体験アルバム.jpgメニュー-研磨体験アルバム.jpg


使っていないそのダイヤ・・・

お持ちのダイヤ、もっともっと輝かせてみませんか?

メニュー-ダイヤモンドリフォーム.jpgメニュー-ダイヤモンドリフォーム.jpg


ダイヤ工房雑学!

メニュー-4C.jpgメニュー-4C.jpg
メニュー-ポイント.jpgメニュー-ポイント.jpg
メニュー-工房紹介.jpgメニュー-工房紹介.jpg
メニュー-職人紹介.jpgメニュー-職人紹介.jpg


ピックアップ①

2013用クリスマスセール用画像.png2013用クリスマスセール用画像.png

ピックアップ②

メニュー-取材.jpgメニュー-取材.jpg


LinkIconサイトマップ



UA-52394466-1