ポイント1・カットにこだわる | 婚約指輪のダイヤモンドブランド「創作ダイヤモンドこころ」

ヘッダロゴバナー2.pngDclusivヘッダ.jpgアクセスヘッダ.jpgヘッダツイッターバナー2.pngヘッダフェイスブックバナー2.pngヘッダユーチューブバナー2.png

◆ショップ臨時休店&今後の営業につきまして

ojigi_tenin_woman.png3月13日(水) ショップをお休みさせていただきます。
今後もデザイナー・店長の急な出張等により断続的にショップをお休みさせていただくことがございますため、
本お知らせ欄やLinkIconTwitterLinkIconFacebookでのお知らせをご確認くださいませ。

ダイヤモンドのご質問やご来店をご検討のお客様は LinkIconお問い合わせ よりご相談ください。


◆取扱店 Dclusiv(ディクルーシブ)について

Dclusiv-ロゴ.jpgDclusiv-ロゴ.jpg日々新しいものへの挑戦と古くから伝わる伝統的技術の融合 物作りに対する熱い情熱と妥協を許さない冷静な判断 そこから生まれてくる新しい商品。
世界が育ててきた宝飾品の歴史を受け継ぎ、その中で新しい表現、斬新な手法などを使った製品作りやこだわりを持った商品のご提案を行っています。

Dclusiv公式サイト、ご一読ください。 LinkIconDclusiv http://dclusiv.com/


◆デザイナーや工房のメディア紹介など

nhk20.jpgNHK総合「4時も!シブ5時」にて【超絶技巧 ダイヤモンドの魅力!】にデザイナー黄金井が出演するなど、多数のメディアに当工房を取り上げていただいております。

数多くのご反響をいただきましたメディアをまとめましたので、ご覧ください。LinkIconメディア紹介


購入のポイント1ビルボード大.jpg

ハートメリハリ用青.jpg カットは人が手を掛けられる唯一のもの、なによりも大事に

ダイヤモンドの輝きの違いは他でもない「職人のウデ」で決まる!

おすすめポイント①画像1.jpg
ダイヤモンドの輝きは、どのように作り上げるかでその全てが決まります。デザインの差は個性の1つですが、輝きの差はデザインやそのダイヤの色・内包物などとは関係ない「職人のウデ」が全てです。
ダイヤは天然の産物であるため、人が手をかけられる唯一の4Cとしての「カット」はPoorからExcellentの5段階だけでは到底分けきれないほどに表情の差をを出すものだと思います。
肉眼では分かりづらいグレードであるカラーやクラリティーから比べれば輝きの違いは一目瞭然かもしれません。そんな「カット」に焦点を当て、輝きの違いを生むのは一体何の違いなのかをポイント①としてまとめました。



ハートメリハリ用青.jpg 工房のダイヤはここが違います!

カット評価がExcellentのダイヤモンドを比較してみました。細部を色々と比べると様々な違いがありますが、まず注目してほしいのは真ん中の平らな、大きな面の部分です。
この大きな面をテーブル面といいます。

おすすめポイント①画像2.jpg

工房とExcellentと通常のExcellentをテーブル面で比較!

おすすめポイント①画像3.jpg
右の画像を見てください。上が「工房のカットしたExcellentのダイヤモンド」下が「一般的なExcellentのダイヤモンド」です。
テーブル面は、ダイヤモンドの形のバランスを見極めることができる重要な面です。一番大きな面なのでルーペなどで拡大しながら見ると形がよく見えるはずです。テーブル面のカタチがキレイな正八角形になっていることが、ダイヤモンドのカットの輝きを決める第一ポイントと言っても過言ではありません。




おすすめポイント①画像4.jpg
工房のダイヤのテーブル面はしっかりと正八角形に整っています。しかし、一般的なエクセレントは完全な八角形とは言えず少しいびつな形です。テーブル面の形はクラウンの他の面全てに影響があり、テーブル面が崩れると他も全て崩れます。ダイヤモンドのクラウン面の出来具合いや差を一目で判断できます。
2つとも同じエクセレントの評価をされているにも関わらず、テーブル面だけでも差があることを知っておいてください。
せっかくダイヤモンドを購入されるのに、同じカット評価で同じ値段のダイヤでもカットが生み出す輝きに差があるので、注意が必要です。



ハートメリハリ用青.jpg 拡大するともっと輝きの秘密がわかる!

細かく見ていくと、より鮮明に違いがわかります。カットされた面の拡大写真を見てみましょう。この画像はテーブル面の横「ベゼルファセット」とよばれる面です。

おすすめポイント①画像5.jpg

工房と一般のベゼルファセットを比較!

下の画像をご覧ください。左が「工房がカットしたベゼルファセットの拡大」、右が「一般的なExcellentのベゼルファセットの拡大」です。
肉眼に見えるようなズレではありませんが、ダイヤモンドの大きさからすれば決して小さなズレではありません。輝きを大きく左右するズレになってしまいます。
それぞれの面で大きさにズレがあったり大小があると、ダイヤモンドは本来の輝きを放つことができず暗い部分が出来てしまいます。
ダイヤに入る光が内部で反射し、見ている人に光を返す、これがダイヤの輝きの素になるので全ての面がぴったりと整ったExcellentカットこそが、最上の輝きを生むのです。

おすすめポイント①画像6.jpgおすすめポイント①画像7.jpg


ハートメリハリ用青.jpg ポイント①のまとめ

同じカット評価の中でも本当に輝くダイヤとそうでないダイヤがあります。
どんな差があるかは肉眼では比べられませんが、輝きをしっかりと見比べればいいカットのダイヤを選ぶことができるはずです。
ダイヤモンドは高価なものです、本当に輝くダイヤを選ぶポイントが伝われば嬉しいです。工房に足を運んでいただければ、いつでも工房カットのExcellentダイヤモンドを見ていただけます。ぜひ1度その目でご確認ください。



ハートアイコン関連リンク.jpg ポイント1を深く理解するには4Cの「カット」を熟読!

ダイヤモンドについて-4C-カット看板.jpg
購入のポイント1は、4C「カット」でのお話を基準にしています。先にポイントを読んで???なあなた、ぜひカットのページを読んでからもう一度このポイント1を読んでください!
ダイヤモンドの4C「カット」は右の画像をクリック!





4Cの知識を活かし、ダイヤ購入の眼を育てよう!


下部バナー「購入のポイント2」.jpg下部バナー「購入のポイント2」.jpg下部バナー「購入のポイント3」.jpg下部バナー「購入のポイント3」.jpg


ダイヤの基本は4Cにあり!ダイヤのプロが教えます


下部バナー「ダイヤモンドの4C」.jpg下部バナー「ダイヤモンドの4C」.jpg


▲ ページトップへ


デザイナーあいさつ.jpgデザイナーあいさつ.jpg


工房のお店


レフター-工房のお店.jpg営業時間
11:00~17:00
定休日
日曜日・月曜日
※現在、店長の急な出張等で臨時休店の場合がございます。ページ最上段の「お知らせ欄」をチェックしてください。
※定休日でも事前のご連絡でいつでもご来店いただけます。ぜひ早めにご相談ください。

メニュー-アクセス.jpgメニュー-アクセス.jpg
メニュー-お問い合わせ.jpgメニュー-お問い合わせ.jpg

ヒロ・コガネイコレクション

ダイヤモンドデザイナー黄金井の考える、今までにない個性・輝きを持ったダイヤモンドたち

コレクションバナー3.jpgコレクションバナー3.jpg
サイドボタン-新心.jpgサイドボタン-新心.jpg
メニュー-桃.jpgメニュー-桃.jpg
メニュー-四つ葉.jpgメニュー-四つ葉.jpg
メニュー-桜.jpgメニュー-桜.jpg
メニュー-クロス.jpgメニュー-クロス.jpg
向日葵サイドボタン2.jpg向日葵サイドボタン2.jpg
メニュー-太陽.jpgメニュー-太陽.jpg
メニュー-昴.jpgメニュー-昴.jpg
メニュー-虹.jpgメニュー-虹.jpg
メニュー-日輪.jpgメニュー-日輪.jpg
メニュー-ラウンド.jpgメニュー-ラウンド.jpg


ジュエリーのデザイン

コレクションとセットでオーダーいただく、リングとペンダントのデザインをご覧下さい。

メニュー-リング.jpgメニュー-リング.jpg
メニュー-ペンダント.jpgメニュー-ペンダント.jpg


工房ならではの体験

研磨体験で、世界でひとつだけの、想いを込めたダイヤモンドを作りましょう

メニュー-研磨体験.jpgメニュー-研磨体験.jpg
メニュー-研磨体験の声.jpgメニュー-研磨体験の声.jpg
メニュー-研磨体験アルバム.jpgメニュー-研磨体験アルバム.jpg


使っていないそのダイヤ・・・

お持ちのダイヤ、もっともっと輝かせてみませんか?

メニュー-ダイヤモンドリフォーム.jpgメニュー-ダイヤモンドリフォーム.jpg


ダイヤ工房雑学!

メニュー-4C.jpgメニュー-4C.jpg
メニュー-ポイント.jpgメニュー-ポイント.jpg
メニュー-工房紹介.jpgメニュー-工房紹介.jpg
メニュー-職人紹介.jpgメニュー-職人紹介.jpg


ピックアップ①

2013用クリスマスセール用画像.png2013用クリスマスセール用画像.png

ピックアップ②

メニュー-取材.jpgメニュー-取材.jpg


LinkIconサイトマップ



UA-52394466-1